Forest Kumakapi
くまかぴの森
   


合同会社くまかぴ工房



 太陽光発電や宅地造成、これらの開発行為にあたっては、失われる野生生物を保護するため敷地内にビオトープや緑地を造成し生物たちの生息環境確保に努めることが推奨されています。この為、様々な場所で作られているビオトープや緑地ですが、残念ながらその多くが計画の至らなさやメンテナンスの不足から十分に機能を果たしていない状況です。

 私共、くまかぴ工房も、いくつかのビオトープ・緑地の計画・施工に関わってきましたが、設置後のメンテナンス・検証を行えず満足いく結果に至っていません。

 目的に合わせた様々なスタイルの緑地やビオトープを施工し検証していけてら・・。こんな思いから関東都市近郊の丘陵地を小さいながら確保しました。

 くまかぴの森は、効果的な野性生物生息環境造成の模索・造成に伴うミティゲーション手法の確立を目指し活動していく場です

 

     
概要・アクセス キャンプエリア  樹林   ビオトープ